日本住宅パネル工業協同組合 お問い合わせ
カタログ       組合員専用
「製品情報」へ 「パネ協の取組み」へ 「パネ協について」へ 「採用情報」へ 「サイトマップ」へ

木製造作材(単一造作材、集成造作材、化粧シート貼り造作材)

 木製造作材の特長

「パネ協」の木製造作材には、単一木材による単一造作材、化粧単板を集成材に貼り付けた集成造作材、化粧シートでラッピング加工した化粧シート貼り造作材があります。

これらの豊富なバリエーションから用途に応じて、適切な造作材をお選びいただけます。

造作材イメージ

 単一造作材

生地のままのものとオイルステイン塗装(O.S塗り)・合成樹脂調合ペイント塗り(S.O.P塗り)等の塗装材があります。
生地のものは主に和室用造作材に、塗装材は主に下額縁や浴室額縁に使用されています。

単一造作材

 集成造作材

柱、敷居、鴨居等で比較的断面積が大きく、美しさを求められているものに適しています。
生地仕上げ、塗装仕上げもありますが、化粧単板を貼ったものが一番多く使われています。

集成造作材

 化粧シート貼り造作材

基材に特殊化粧シートでラッピングした造作材です。
特殊化粧シートには、紙をベースにした強化化粧シート、オレフィン樹脂をベースにしたオレフィン樹脂シート等があります。
カラーは多くの色柄がありますので、建具と合わせて、トータルコーディネートが可能です。
基材は用途に応じて集成材、MDF、LVLが使用されています。

化粧シート貼り造作材

↑ ページのトップへ