日本住宅パネル工業協同組合 お問い合わせ
カタログ       組合員専用
「製品情報」へ 「パネ協の取組み」へ 「パネ協について」へ 「採用情報」へ 「サイトマップ」へ

パネシーリングW1

パネシーリングW1は、木製野縁にパネルを打ち上げして施工する、パネル方式の天井システムです。 意匠面や断熱効果を考慮して設計しており、軽量で、あらゆるサイズに対応できます。

 パネシーリングW1の特長

表面材は合板、石膏ボード等設計に対応いたします。
仕上げは、化粧済みパネルと現場でクロス等を貼る下地パネルがあります。
予めパネルに点検口、換気グリル等を組み込むこともできます。
公営住宅等多くの集合住宅に採用されている工法です。
パネシーリングW1 イメージ

パネルの形状
パネシーリングW1パネル パネルの表面材は、合板、石膏ボード、珪酸カルシウム板等があり、各々化粧と素地を用意しています。
左写真の上は、化粧石膏ボード仕様です。
下は、化粧合板仕様です。

施工写真
パネシーリングW1施工1 パネシーリングW1施工2

↑ ページのトップへ