日本住宅パネル工業協同組合 お問い合わせ
カタログ       組合員専用
「製品情報」へ 「パネ協の取組み」へ 「パネ協について」へ 「採用情報」へ 「サイトマップ」へ

パネシーリングRe

パネシーリングReは、施工時の騒音を低減した、リフォーム工事に最適なパネル方式の天井システムです。
リフォームには既存の廻縁を利用し、そこにパネル受けを取り付け、パネルをはめ込んでいくという簡易な工法を採用しています。

 パネシーリングRe の特長

パネルは予め工場にて仕上げをしてあるので、現場でのクロス工事が不要です。
石膏ボードパネルと合板パネルの2種類用意しています。
パネルは定尺寸法で出荷し、現場にて端部寸法を調整します。
パネシーリングRe

パネルの形状
パネシーリングRe図 ひる石等の既存仕上材を撤去することなく、小さいふところ内でパネルを設置する改修用化粧天井工法です。
アンカー穿孔が少ないため工事の低騒音化を図ることができます。
パネルサイズは450×1800mm ですので、狭小な階段通路の搬入や上向きでの取付け等作業性が大幅に向上しています。

施工手順
パネル受取付け
①パネル受取付け
竿縁材取付け
②竿縁材取付け
通線
③通線
パネルはめ込み
④パネルはめ込み
雇実挿入
⑤雇実挿入
端部パネルはめ込み
⑥端部パネルはめ込み
完了
⑦完了
必要に応じてシーリング
⑧必要に応じシーリング

↑ ページのトップへ