日本住宅パネル工業協同組合 お問い合わせ
カタログ       組合員専用
「製品情報」へ 「パネ協の取組み」へ 「パネ協について」へ 「採用情報」へ 「サイトマップ」へ

沿革

昭和37年(1962) 日本住宅パネル工業協同組合設立
都営東京街道団地の低層量産住宅21戸で本格事業開始
本部事務所を東京都新宿区に開設
昭和38年(1963) 「内装パネル研究」で建設、通産両省から補助金を受ける
大阪、名古屋に事務所開設
東京集配センターを埼玉県大井町に建設
本部事務所を東京都文京区に移転
昭和39年(1964) 国庫補助で埼玉県大井町にテストプラントを新設
「屋根パネル」の研究で建設省から補助金を受ける
名古屋集配センターを愛知県春日井市に建設
昭和40年(1965) 札幌、仙台に事務局開設
大阪集配センターを大阪府茨木市に建設
昭和41年(1966) 広島、福岡に事務所開設
昭和42年(1967) 2階建てプレハブ住宅「スイートホーム」の構造工法に建設大臣認可
中央研究所(現中央試験場)を東京集配センター内に建設
昭和43年(1968) 東京通商産業局、中小企業団体中央会から住宅部品受注適格組合の承認を受ける
昭和44年(1969) コンクリート系プレハブ住宅「クロスコンハウス」、鉄骨系プレハブ住宅「カスタムハウス」を開発、販売
昭和45年(1970) 「内装パネル製造研究」で東京通商産業局から技術改善補助費を受ける
米・カイザー&ジプサム社と「ドライウォール」で技術提携、中高層建築に対応
南極観測用居住棟の性能規格に合格
宮崎出張所を開設
昭和46年(1971) 不燃内装工法を開発
昭和47年(1972) 2×4工法住宅2棟をカナダから輸入、各種実物実験を実施
中小企業庁長官から優良組合の表彰を受ける
秋田出張所を開設
昭和48年(1973) 札幌集配センターを札幌市に建設
昭和49年(1974) 住宅部品開発センターの内装システム開発試作コンペにA級入選
北陸、徳島、神奈川、神戸に出張所を開設

昭和50年(1975)

工業所有権制度90周年で通産大臣から団体賞受賞
日本住宅公団の住宅実験プロジェクト(KEP)に参画
静岡出張所を開設
昭和51年(1976) 山陰、栃木出張所を開設
昭和52年(1977) パネ協九州センター竣工
京滋、新潟に出張所を開設
昭和53年(1978) 「内装パネル用防虫合板」が、農林水産大臣から防虫処理合板の認証を受ける
鹿児島出張所を開設
昭和54年(1979) 中小企業等協同組合法施行30周年にあたり、中小企業団体の組織に関する法律施行20周年記念で中小企業庁長官から優良組合の表彰を受ける。
松山、紀和営業所を開設
昭和55年(1980) 日本住宅公団のKEP計画に基づく施行建設に参画
日本住宅公団出展住宅に内装部材試作設計住宅を「プロト60」のモデルとして出品
神戸ポートアイランド博覧会「プロト60」に参画
昭和56年(1981) 可変間仕切「フリーウォール」を導入、住宅性能の向上を目指した大阪府営モデル棟を試作
日本住宅公団多摩ニュータウンでのファインコミュニティーフェア「TAMA'81」に参画
長崎営業所を開設
昭和57年(1982) 住宅・都市整備公団の「フリースペース住宅メニュー供給方式」にトータルインテリアシステムを実施
福島、千葉、高松、山口、熊本営業所を開設
昭和58年(1983) 通産省委託の「新住宅プロジェクト」に参画
2社2工場が通産大臣の品質管理優良工場に認定され、パネ協の優良認定工場は12社12工場となる
昭和59年(1984) 甲信、岡山営業所を開設
昭和60年(1985) 中小企業情報化促進で通産大臣より表彰
沖縄営業所を開設
昭和61年(1986) 建設省の「新都市型ハウジングシステム」提案募集で企画・開発奨励賞を受賞
昭和62年(1987) サンフランシスコに連絡事務所を開設
昭和63年(1988) 建設省の新都市型ハウジングシステム開発プロジェクトに「木質ラーメン構造設計法」を提案
  ↑ ページのトップへ
平成元年(1989) 東北、大阪センタービルが竣工
平成2年(1990) 大阪・国際花と緑の博覧会で「義経号」の駅舎を受注
平成3年(1991) 木質防火戸「フォルツィー」が建設省の甲種防火戸に認定
六義園ビルディング竣工
技能研修センターが東京・高島平に完成
平成4年(1992) パネ協創立30周年
長野事務所を開設
平成5年(1993) スチール枠・木製枠付き防火戸が建設省の乙種防火戸に認定
中小企業振興で通産大臣表彰
平成6年(1994) 技能研修センターが東京・町田市に完成
志和技能センターが東広島市に完成
平成7年(1995) 名古屋センタービルが竣工
阪神大震災復興対策本部を事業本部組織として大阪支所内に設置
平成8年(1996) 阪神大震災の復興公営住宅で、大阪支所がモデルルームを建設
震災復興で建設大臣表彰
岩手営業所を開設
甲信営業所が長野事務所に移転
平成9年(1997) コスト縮減対策会議を発足
大阪貝塚センター竣工
平成10年(1998) コスト縮減の試作モデル住戸が完成
平成11年(1999) 大阪府住宅供給公社が東大阪市に建設した、躯体・内装設備分離の次世代都市型集合住宅(SI住宅)の内装を受注
産業廃棄物処理対策委員会が産廃処理対策の手引書をまとめる
平成12年(2000) 首都圏支所の「パネ協住空間創造モデル展示場」が完成
平成13年(2001) SI住宅向け内装部品を都市公団(東京地区)へ233戸納入
WD工法で兵庫県氷上石生住宅24戸(木造3階建て)が竣工
ISO9001:2000版の認証取得(JQA-QM7094)
平成14年(2002) 創立40周年
乾式遮音二重床工法が「品確法」の大臣特認を取得
WD工法屋根パネルシステムの開発
平成15年(2003) 改正建築基準法対応シックハウス対策として、F☆☆☆☆対応の原則を基本方針とする
平成16年(2004) インフィル製品保証制度を開始
省力・合理化間仕切壁工法「FES工法」の提案、営業開始
平成17年(2005) 地場産木材利用マニュアル(集合住宅編、公共建築施設編)が完成、林野庁が進める「木づかい運動」の一翼として業界の関心を集める
愛、地球博(長久手日本館他)へ各種国産材部品を納入
可変間仕切「パネ協フリーウォール」の仕様をリニューアル、移動間仕切「SIウォール」等と共にSI住宅への導入が進む
自社建材部品のF☆☆☆☆定期検査制度を開始
平成18年(2006) 表層圧密フローリングのAQ認証で「杉の木精(こだま)」が本邦第1号の認証を取得
  日大博物館にて常設展示
ヒル石天井改修工事用システム天井「パネシーリングRe」、全国各地域への導入が進む
東京都営住宅のパネル心材に多摩杉の導入始まる
第7回木材供給システム優良事例コンクールにて林野長官賞を受賞
平成19年(2007) グリーン購入法に基づく合法木材証明に向けた団体認定制度を開始
福岡地区の国交省公務員宿舎への証明部材納入にて実績
間仕切壁工法「FES工法」が特許権を取得  中部地区での普及が促進される
組立て押入ユニット「サイコス」デビュー  民間マンションへの導入が進む
地場産木材の供給実績が、年間5,000m3に迫る
万一の製品事故発生に備え、改正消費生活用製品安全法に対応した組織体制を整備
平成20年(2008) 東京ショールームオープン
インフィル製品保証制度対象戸数 4万戸超す
平成21年(2009) 名古屋ショールームオープン
パネ協ウェブサイトの全面改訂
リノベーション事業を行う「リ・クリエイティブ」を新設
平成22年(2010) 太陽光発電事業を開始
木造耐震補強工事業を開始
リフォーム専門部門として「スペースリファイン」を発足
平成23年(2011) スペースリファイン事業部を設置
東北営業所内に復興住宅の内装提案モデル住宅を建設
愛知県営住宅に「あいち認証材」が採用される
平成24年(2012) 創立50周年を迎える
岩手事務所開設
平成25年(2013) 福島営業所開設
震災復興対策室開設
「内装ドア・クローゼットドア」公共住宅用資機材品質性能の評価認定取得
平成26年(2014) 東北震災復興支所開設
震災復興対策本部開設
ミューレックスキューム実用新案登録申請
平成27年(2015) ハーモニアスルーバー、ハーモニアスウォール、NMウッド、インテリアハンガー、ミューレックスキュームを発売
大阪ショールームオープン
平成28年(2016) 熊本ショールームオープン
法務監査室開設
ミューレックスコロールαを発売
システム収納消臭扉を発売
平成29年(2017) 東京ショールームリニューアルオープン

↑ ページのトップへ